糖分制限ダイエット中の「筋トレ」とファクター

糖質制限ダイエットをするに当たって、食事だけではなく筋トレなどをして、効率よくやせたいと思っている人も多いと思います。
糖質制限をすると、あまりに筋肉量が鎮まり易く、その筋肉量の低下がリバウンドの原因になってしまうことが多いため、糖質ダイエットを行うならば、筋肉量を維持するためにも筋トレに取り組んだ方が良いと言えるでしょう。
一方で、糖質制限をしながら筋トレに取り組む場合、「力が出ない」と苦しむ方も少なくありません。
今回は、糖質制限中に筋トレを行う効果と、糖質制限をしながらも筋トレを効果的に行うために知っておきたいことをご紹介します。
糖質制限をすると筋肉量が減少し易くなります。そもそも糖質は人体を移すために必要なエネルギーのひとつだ。だからこそ、糖質キャパを制限すると、体はエネルギー不足の状態になる。そして、そんなふうになったときに、糖質の代わりにメインのエネルギー源となるのが筋肉を仕立てる代表的な栄養素ですたんぱく質だ。
食事で十分な量のたんぱく質を摂取しているうちは問題ありませんが、糖質を制限している状態でかつ、たんぱく質のキャパも不足してしまうとエネルギーを償うために筋肉中のたんぱく質がエネルギーとして使用されてしまうため、筋肉量が低下し易く向かうというのが、「糖質制限をすると筋肉が落ち易い」と言われる原因です。
糖質制限をすると筋肉量が落ち易く繋がるということがわかりましたが、筋肉量が収まると、それに伴って基礎代謝量が少なくなり、太りやすく痩せづらい体質となってしまう。
基礎代謝による消費エネルギー量が低下した状態では、リバウンドの可能性がぐいっと高まります。
だからこそ、筋肉をつけてエネルギーを消費しやすい体にし、基礎代謝の低下を防ぎましょう。
糖質制限と筋トレについて注意しておきたい点があります。
それは、糖質制限中であっても、筋トレの前後には糖質を摂るということです。
筋トレという無酸素運動で使用されるエネルギーは主に糖質だ。そのため、糖質制限中の糖質が少ない状態で筋トレを行うと、低血糖状態になることがあります。この状態になると、エネルギー不足から「ふらつき」「力が出ない」と感じるようになります。
筋トレ前はトレーニングのエネルギーとするために、筋トレ後は使用したえエネルギーを償うために、糖質を補給するように注意しましょう。引用

糖分制限ダイエット中の「筋トレ」とファクター