譲渡損失による節税

仮想通貨などの登場により個人投資をする人が増えています。
株取引、FX、仮想通貨などの投資によって利益を得られることはありますが、損失を被ることもあります。
株取引で損失を出してしまったら、そのままにしておかないで本当に確申を通じて損失を利用して節税をください。
株などで損失をしたらその年とその年から3年の間節税に役立てることができます。
これは「譲渡損失の損益通算、繰越控除」という仕組みで、個人で一概に確申を行わなければ適用されません。
投資をしている人、知っていて損はないことなので基本的な仕組み、申告方法などについて確認しておくといいと思います。

通常、株で儲かると20.315%税金としてとられます。
得する時と損をするときがあるため、その年の1月〜12月までの利益と損失の合算をし、最終的に一年間分のトータルで出た利益に対して税金が陥るようになっています。
これにより儲かった分に対してだけ税金が陥るのではなく、損失に対しても加味してもらえるので損失した分の税金が返して下さるのです。

上場株式などの譲渡によって出た損失は、その金額をその年の株式などの譲渡で得た所得と相殺します。
これが「損益通算」。
そして相殺しきれず残ってしまった損失はその翌年から3年間の間にまた相殺していくことができるようになっています。
これを「繰越控除」と言います。

損益通算や繰越控除は、損失がでたときに自動的に受けるものではありません。
証券会社を通して取引をしている人で、一門だけ証券会社を利用してある人の場合は、証券会社で自動的に処理してもらえる。
しかし複数の証券会社を利用してある人は個人で確申をしなければ適用されません。
申告しなければ払いすぎた分の税金が返ってきません。

譲渡損失による繰越控除の手続きとしては、譲渡損失の出た年の確申を行うこと。
こういうとき「所得税および復興特別所得税の確申書付表」という書類を添付しなければいけません。
こういう書類を確申書と共に提出します。

取り出しわすれてしまった場合、期限後にも申告は可能です。
ただし古めかしい年のものから順番に提出していかないと、先に新しい年のものを提出してしまうとそれより以前の申告は受付けられなくなるので注意してください。
またサラリーマンなど給与所得者の場合には、通常年末調整などをされていて個人で確申を通じていませんから期限後でも申告ができます。
しかし事業所得や不動産所得があって既に確申を通じてしまった人に関しては、もう提出した申告書類を更正始めるという手続きが行われます。
こちらは申告期限後5年以内の手続きが必要となります。https://www.orlandobloom.nl/

譲渡損失による節税